トップイメージ

外国為替市場の外国為替証拠金取引を掘り下げていきます。

外国為替証拠金取引(FX)は、両国の金をトレードをしてそれら通貨の差引額を受け取るといったような方法です。

この二つの通貨の関係で生まれる差額をスワップ金利といっています。

スワップ金利とは、正式名はスワップポイントというそうです。

FXのスワップポイントとは、毎日でももらう事ができますが日々の為替の動きにより変わってくるそうです。

このようにFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)で儲けることが目当てで為替の取引を行っている人々もいるみたいです。

スワップ金利は、FX業者ごとで異なるのでほんの少しでもスワップポイントが高いFX業者で取引したいですよね。

ただし、スワップ金利(スワップポイント)は為替相場が動くと一緒に変化するので要注意です。

もう一つ、為替トレードを行う際にはチャートを読み取る力が欠かす事ができなくなるのです。

こうした図表を読めると、為替の相場の変化を理解する出来ると言われます。

外国の為替に慣れていない人が見ると何を示しているチャート?のように不思議に思ってしまうでしょうけど重要ポイントを抑えていることで図表の理解が可能となるそうです。

円が上がるもしくは下降するという感じでこのタイミングが最近では円安だとこのチャートを見る事で判別が出来て為替取引を行う時は大変便利な情報源となります。

上記のグラフは、ローソク足を使っていて名前の通りローソク形の図で作られています。

そのようなローソク足では高値か安値、かつ終値か始値を表示していて図表の上でいろんな形状となっているのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.mountbarkerpageant.org All Rights Reserved.